せいや: 2016年7月アーカイブ

薬剤師のブログではありますが、この前初めて見た「そして父になる」という映画の感想。

監督は是枝裕和監督。
この方本当にいい映画を撮りますよね。
「海街diary」も、淡々と複雑な4姉妹の関係を描き、広瀬すずちゃんのうまさもあったけど、鎌倉をうまく背景に、何か家族、人生というものを考えました。
そして、「そして父になる」。
こちらもやられましたね~。
内容はもう何年か前の映画なので、ネタバレ覚悟で書きますが、6歳になった自分の子供の取り違えが発覚。
そのお互いの家族の葛藤。
またその2家族が敢えて「比べる」感じの設定。
やられるよね。

一番は、血は繋がってないけど、6年過ごした「本当は自分の子では無い子」との道を歩きながらのやり取り。
2つの道を歩いていたら、最後には交わる、一緒になる。
うまいですね。
あの距離感がたまらない。

他の作品もみないとなあ~。

このアーカイブについて

このページには、せいや2016年7月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはせいや: 2016年5月です。

次のアーカイブはせいや: 2016年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク

  • Google
  • 多くの人が利用している→認定薬剤師求人ランキングを見ると認定薬剤師の求人情報の情勢がわかります。
  • 薬剤師の悩みは様々ありますが、転職することで解消する場合もあります。まずはエージェントに登録をすることをお勧めします。